マンション経営は少ない自己資金で始められて、家賃収入は老後の「第二の年金」代わりになります。生命保険の新しいカタチでもあり、相続税対策にもなります。その中で東京がマンション経営に最も良いと言われている理由はなんでしょうか?

少ない自己資金で始められる

ワンルームマンション経営は少ない自己資金で始めることが可能です。低リスクで高利回り。少ない資金で大きな資産を得られることが最大の魅力と言われています。では、なぜ少ない資金で始められるのでしょうか?

続きを読む

家賃収入は「第二の年金」

家賃収入は「第二の年金」といわれています。ではなぜ第二の年金が必要なのでしょうか?充実した老後を迎えるために、このページでは皆さんの老後について紹介していきたいと思います。

続きを読む

マンション経営は生命保険の新しいカタチ

ワンルームマンション経営は生命保険の新しいカタチと言われています。その理由は返済中に死亡や高度障害にかかった場合、残りのローンは全て無しになるからです。そうなると毎月の家賃収入はまるまる収入となります。

続きを読む

相続税対策(節税効果)

ワンルームマンション経営は節税対策に活用される方も多いです。相続税の対策としてお持ちになる方が多いです。その理由を解説させて頂きます。

続きを読む

東京が注目される理由

ワンルームマンション経営をするなら、東京が人気の理由とは?マンション経営は自分が住むものではありませんので、借りてくれる人が何年先、何十年先もあるかが重要となります。東京のニーズについて解説していきます。

続きを読む