田中 研之輔氏(社会学者)による東京のワンルームマンション経営に対する考察をまとめたコラムです。全6回のコラムとなっております。

田中 研之輔氏(社会学者)

1976年生まれ。法政大学教授 博士(社会学)。一橋大学大学院修了。日本学術振興会特別研究員(DC/PD:一橋大学 SPD:東京大学)。メルボルン大学、カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員を歴任。
<変化>に着目した「空間-行動」分析を得意として、<東京>の魅力分析を続けている。著作には、『都市のリアル』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』『先生は教えてくれない大学のトリセツ』『覚醒せよ、わが身体』他。セミナーや講演会数も多数。個人でも投資を行い、企業顧問もつとめる。株式会社ゲイト社外顧問。 ※2017年11月時点での情報になります。

2017年11月9日

<変化>で読み解く東京の魅力コラム(1) 

2017年12月8日

<変化>で読み解く東京の魅力コラム(2) 

2018年1月15日

<変化>で読み解く東京の魅力コラム(3) 

2018年2月15日

<変化>で読み解く東京の魅力コラム(4) 

2018年5月8日

<変化>で読み解く東京の魅力コラム(5) 

2018年6月15日

<変化>で読み解く東京の魅力コラム(6)