新着情報

「マンション経営のアレコレを更新しました!」


2018年10月30日    アレコレ  

 

選ぶべき立地シリーズ

「下町の面影を残しつつも進化する街」


2018年10月30日    
 
 
 

江戸時代は中心エリアだった地域もある一方で、現在も、発展し続けているのが城東エリア。台東区、荒川区、墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区、足立区からなり、東京23区の東部に位置していますが、今回はその城東地域でも、墨田区に焦点をあててみたいと思います。

 

■下町のイメージを残しつつ
墨田区は、東京23区の東部に位置しており、面積は14㎢に約27万人、世帯数としては約15万戸となっていて、人口密度の高いエリアとなっています。

曳舟・向島エリアは、東京大空襲の被害にあってないことから、昔の建物や街並みを残す、昔ながらの下町が広がってのんびりとした雰囲気が漂っていますが、押上駅に東京スカイツリーや東京ソラマチができてから、観光客で賑わいをみせている墨田区に変わりつつあります。近位的な東京スカイツリーを眺めながら、下町情緒あふれる隅田川に癒されるライフスタイルも素敵ですね。

 

名称未設定 234

 

■家賃相場

墨田区の家賃相場は、1LDKで13万円前後となっていて、23区の家賃相場としては14位と中間の位置にあり、3DKで15万円前後と若い方でも住みやすいお手頃家賃となっています。また、葛飾区よりの鐘ヶ淵駅や東向島駅あたりになると、2DKで10万円前後、3DKだと13万円前後で抑えられそうです。しかし、錦糸町や両国周辺は路線が複数通っていて、各方面へのアクセスが良く、駅周辺も賑わっていることから、1LDK で13万円前後、3DKでは17万円前後と少しばかり高くなります。

 

■交通の利便性
墨田区には、JR総武線、東武伊勢崎線、東武亀戸線、京成押上線、地下鉄半蔵門線、都営新宿線、都営大江戸線と、多くの鉄道が走っていて、また、錦糸町駅から区内各地域へ多くの都営バスが運行されています。以下は主要な駅名と経路になります。

◎両国 新宿まで22分 中央・総武線
    池袋まで26分 中央・総武線→御茶ノ水駅→丸の内線

◎押上 新宿まで31分 浅草線→浅草橋駅→中央・総武線
    池袋まで36分 半蔵門線→大手町駅→丸の内線

◎錦糸町 新宿まで26分 中央・総武線
     池袋まで28分 中央・総武線→御茶ノ水駅→丸の内線

 

 

名称未設定 235

 

■墨田区の魅力
やはりなんといっても、東京スカイツリーが人気でしょう。それに併設された大型商業施設「東京ソラマチ」には懐かしさを感じさせるソラマチ商店街や、ファッションゾーン、フードコート、水族館などが揃っています。錦糸町にあるショッピングモール「オリナス」も専門店を集積したオリナスモールと大型店舗を収容するオリナスコア、そしてシネマコンプレックスを併せ持った複合商業施設です。どちらも、広大なスペースでショッピングやアミューズを楽しむことができます。

名称未設定 233

 

■まとめ
墨田区は単身者の方にも人気のエリアです。錦糸町や、押上エリアは複数路線使えることから都心部へのアクセスが良好ことから賃貸ニーズは高いエリアになります。
このように墨田区は、交通の利便性だけではなくショッピングや、錦糸町駅周辺に構えた多くの飲食店、相撲の町両国周辺のちゃんこ鍋などの飲食店もあり、下町の面影を残しつつ、都会へと移り変わりを楽しめる魅力的な街といえるでしょう。

墨田区の不動産物件に興味がございましたら、お気軽にグランシャス株式会社までご連絡ください。

  
一覧に戻る
PAGETOP