少ない自己資金で始められる

低リスクで高利回り。だから始めやすい。

少ない資金で大きな資産を得られるのが最大の魅力。

他の投資に比べ、マンション経営は始めやすい投資です。その理由は、ひとつ目に「リスクが少ない(安定性がある)」、そしてふたつ目に「高い利回りが見込める」からです。

なぜ低リスク?

投資の代表格である株やFXでは、確かにハイリターンを望めます。ですが、多くの知識や時間が必要となるうえ、激しい市場変動による高いリスクも負わなければいけません。一方で、マンション経営は入居者さえ確保できれば、毎月安定した家賃収入を得られます。ある程度のリスクはありますが、株などとは異なり、自分の行動次第でローリスクに変えていくことも可能です。

miryoku_3

少ない資金で始められる理由

投資の世界でよく聞かれる「レバレッジ効果」。レバレッジはテコという意味で、小さな力で大きな物を動かせるテコの原理になぞらえたものです。株を購入するために銀行でローンを組むことはできません。けれど、マンション経営のためにマンションを購入する場合は、ローンを利用できます。手の届く範囲の頭金を用意し、残りはローンを組めば、頭金の10倍近くもの価値の資産(マンション)を得られ、高利回りの運用が可能です

miryoku_4

もうひとつの安定性「インカムゲイン」。
miryoku_5

バブル期を知っている人なら、不動産投資に対して良いイメージを持ちづらいかもしれません。 けれど、当時の不動産投資は、価格が安い時に購入した不動産を、価格が上昇した時に売却し利益を得る「キャピタルゲイン」方式。一方今の日本の不動産投資では、不動産を賃貸し、家賃収入で利益を得る「インカムゲイン」方式が主流となっています。 キャピタルゲインは景気や需要の変動の影響を強く受ける投資方式で、こちらも株などと同様にリターンは大きいものの、売れ残りや値崩れといったリスクも相当です。 インカムゲインであるマンション経営は、家賃の大幅な変動リスクも少なく、スタート時の物件選定やローンの返済計画をしっかりと行えば、無理をすることなく、安定した収入を長期にわたって得ることができます。

マンション経営の人気を支える高利回り。

今の日本の不動産投資で、マンション経営が主流となるほど支持されているのはなぜでしょうか?それは、マンションの購入価格を元本とした場合の家賃収入の割合、つまり「利回りが高いからです。物件価格はほぼ底値、金利は史上最低レベルの今、収益性の高い都心の一等地のマンションを賃貸で運用すると、表面利回り※4%以上を得ることも可能です。

※表面利回り…年間の家賃収入を物件価格で割ったもの。購入経費や諸経費は含まれていません。

例えば

miryoku_7

※銀行預金の利回りについては、みずほ銀行の大口定期預金(1年)を基にしております。(平成25年11月現在) ※マンション経営の利回りについては次の計算式を基に算出しております。毎月収入×12ヵ月÷物件価格=利回り(利回り計算式には運営に関わる経費は含めません) ※利回りは満室時を想定して算出しております。 ※マンション経営は、物件価格2,000万円、月額家賃収入60,000円とした場合の概算です。

だから始めやす、マンション経営。

高い安定性高い利回りを得られるマンション経営。世の中には様々な投資がありますが、他の金融商品とではどのように違うのでしょうか。

miryoku_9

このように、他の投資を比較すると、マンション経営がどれくらいの高い安定性と利回りなのかは明瞭です。少ない資金から始められ、特別な専門知識も必要のない敷居の低さ。そしてインカムゲインを裏付けとした長期保有による、様々な利益享受のあるマンション経営は、サラリーマンや公務員などが副業として行いやすい投資の最たるものでしょう。

無料セミナーに申込む

PAGETOP