マンション経営のアレコレ

重要なパートナー

「投資マンションの賃貸管理会社ついて」


2018年09月07日      

■投資マンションには欠かせない管理会社
私たちが不動産投資を行うにあたり重要なパートナーとなる管理会社は2種類あります。
それは、建物管理会社と賃貸管理会社です。
この管理会社は私たちのマンション投資をサポートしてくれる、重要なパートナーです。

 

名称未設定 78

 

■賃貸管理会社の役割
賃貸管理会社は家主の委託により、マンションの専有部分の管理を行います。
賃貸管理会社は、入居者募集に始まり、家賃管理、入居者管理を行います。
入居者が入居する前の募集業務から、入居した後の管理業務まで、賃貸管理会社が行います。
他にも、専有部分の修繕や補修の手配なども賃貸管理会社の業務です。
家賃管理には、家賃の徴収から入金の確認、家賃の滞納などの督促、家賃や敷金、礼金の改定などを家主に提案することもあります

家賃の滞納の督促などは、入居者とのトラブルに発展することもあり、その業務を委託できるのは大きなメリットです。

家賃などのお金の管理なども重要ですので、信頼できる管理会社に委託しましょう。
マンションの賃貸管理会社にも様々あります。
会社によって入居者を集める力も違いますし家賃の滞納に対する対応力なども違います。
デベロッパーによって付けられた賃貸管理会社は家主の権利で変更が可能ですので、状況によって変更を検討しましょう。

名称未設定 79

 

■賃貸管理会社の主な業務
①入居者の募集
入居者を集める様々な広告や案内を出したり、入居希望者がいれば入居者の審査を行ないます。

②家賃管理
家賃の徴収、入金の確認、家賃滞納の督促、賃貸条件の改定の提案など行います。

③入居者管理
入居者から来る様々なクレームの対応、設備要望への対応を行います。

④修繕・補修
専有部分の修繕や補修の手配を行います。

■賃貸条件の設定は家主が行う
新築マンションでは一般的にデベロッパーが初期募集家賃を設定します。
中古マンションなどは賃貸管理会社が募集家賃の設定をしますが、入居者が入らなくなってしまったような場合、家賃の値下げ、敷金・礼金の値下げなどを考えなければいけないような時、家主が賃貸条件改定を求めることが出来ます。
こういった場合は、家主と賃貸管理会社が協議を行い、賃貸管理会社のアドバイスを受けた家主が最終判断を下すことになります。

マンション経営に関わる業務を家主がすべて行うことは実質的に不可能です。
多少のコストは掛かってはしまいますが、信頼できる賃貸管理会社に業務を委託しましょう。

名称未設定 80

■最後に
賃貸管理は長期で安定した家賃収入を得るために必要な重要な管理です。
空室時には迅速に賃貸付けができ、トラブルにも対応できる賃貸管理会社との良い付き合い方が大切です。

弊社では投資マンションの販売から、賃貸の管理までトータルワンストップサービスをご提供しております!
これから始める方や、ご検討の方も安心・健全な運用を行っていただくため、サポートさせていただいております。

会社選びでお悩みの方は弊社マンション経営セミナーへご参加ください!!

キーワードで絞り込む

一覧に戻る