マンション経営のアレコレ

選ぶべき立地シリーズ

「城南地域編!!品川区の特徴と魅力」


2018年06月20日      
■城南地域の特徴
城南地域というのは、品川区、目黒区、大田区、港区を含む地域を表し(世田谷区も含まれる場合もあり)、この地域はとても賃貸需要が高い地域となっています。
洗練された街並みと、高所得層が多い地域でもあります。
特に港区の高所得層数が全国1位となっており、「白金」、「赤坂」、「青山」、「麻布」といった誰もが知る高級住宅街があります。品川区の「東五反田」や、目黒区の「自由が丘」や「中目黒」、大田区の「田園調布」など、ネームバリューはもちろんのこと、商業地としても住宅地としても人気が高いエリアが数多く存在しています。城南地域は生活利便性も良く、なおかつオシャレな地域と言えるのではないでしょうか。
 
0621①  
 
■品川区の地区と特徴
品川区は地区ごとに分かれており「品川地区」、「大崎地区」、「大井地区」、「荏原地区」、「八潮地区」の5つになります。
 
品川地区・・・品川駅や臨海部を中心に整備された商業地区。古くから東京の玄関口であり交通の要所として栄えてきました。現在では天王洲アイル品川シーサイドフォレストなど、オフィスビル等が数多く立ち並んでいます。
 
大崎地区・・・新宿や渋谷、臨海といった副都心と鉄道でダイレクトにつながっており、街には数多くの高層ビルが立ち並ぶ一方で、目黒川の桜並木や池田山公園など、美しい自然も見ることが出来ます。
 
大井地区・・・大井町駅は区役所の最寄り駅で、品川区の中心拠点となっています。大井地区には、しながわ水族館大井競馬場などのレジャースポットが多く、様々な人が訪れる場所でもあります。
 
荏原地区・・・戸越銀座や武蔵小山など活気ある商店街が街の賑わいを支えている地区であり、住宅が多い地区です。緑なども多いことから、様々な世代が生活しやすい生活利便性の高い地区といえます。
 
八潮地区・・・ここの地区には大規模な団地「八潮パークタウン」があります。水辺に囲まれた場所に立っており、団地周辺には大井ふ頭中央海浜公園京浜運河緑道公園があり、東八潮には潮風公園といった大規模な都立公園があります。周辺の自然環境がとても良いですし、団地内に保育園、学校、図書館、高齢者や障害者のための施設なども完成予定です。
 
0621② 
 
■品川区の未来
現在品川駅周辺の開発が活発に進められています。東京オリンピックなどもありますが、平成22年の羽田空港国際化・24時間化品川駅のリニア新幹線始発駅選定などがあるためです。
品川駅の交通結節機能の高まりが期待されており、これまでの歴史性や臨海部などの先進性と合わせ国際的な地区としての役割も期待されています。これまで以上に品川区は魅力的な街として発展を遂げていくのではないでしょうか。
 
 0621③
 
■最後に
不動産投資においては、所有する物件の周辺環境がとても重要となります。
商業施設や、利便性といった入居者が好むようなエリアであることが安定収入へとつながる大切なポイントです。
弊社では物件選びのポイントや、選ぶべき立地をセミナーでご紹介しております!
是非一度弊社のセミナーへご参加ください!!

キーワードで絞り込む

一覧に戻る