マンション経営のアレコレ

第3位!!!

「世界の都市総合力ランキング」


2016年10月26日      

今月発表された、世界の都市総合力ランキングで東京都が前年から大きくランキングを上げ、第3位に選ばれました!
大都市であるパリを抜き、世界で3番目というのは、日本人にとっても誇らしい事です!

nihonn

 

【全体的東京都の評価】
・経済 第1位
・研究/開発 第2位
・文化/交流 第5位
・住居 第6位
・環境 第12位
・交通/アクセス 第11位

 

都市総合力総合ランキング 第3位
(参照:一般財団法人 森記念財団 都市戦略研究所 世界の都市総合力ランキング2016年)
http://www.mori-m-foundation.or.jp/ius/gpci/

 

大幅に評価を上げたところは、海外からの訪問者数の増加などの影響で、『文化・交流』のスコアを伸ばしたところ、またアベノミクス効果などによる為替変動(円安)の影響もあって、米ドルベースでの物価水準や賃貸住宅平均賃料 が下がり、居住のスコアを伸ばしたことが主に評価されたところ。
『交通・アクセス』においても評価が伸びています。
円安 は、経済におけるGDP(米ドルベース)などにはマイナスに働くが、
東京のGDPは依然として42都市中トップ!

 

no1

 

 

インバンドの影響により、東京は、文化・交流のほとんどの指標で昨年よりもスコアを伸ばしている。とりわけ、国際コンベンション開催件数や海外 からの訪問者数、買物の魅力、食事の魅力で経済効果が上がっています。
経済における強みを維持していることも、3位となった要因として挙げらています。

ですが、依然として改善点はまだまだあります。
東京(11位)は「都市内交通サービス」、「交通利便性」では高評価であるものの、「国際交通ネットワーク」、「国際交通インフラキャパシティ」の評価は、あまり高くありません。

東京都は、いまでこそターミナル駅での多国語の案内表示など増えては来ていますが、羽田国際空港と都心部までの利便性、アクセスは今後も進行していく必要があると思います。
新線・新駅であげられる新東京駅や都心直結構想が完成し、海外からの訪問者にとって観光しやすい交通ネットワークが実現すれば更なるランクアップも期待できますね!

 

1

 

東京オリンピック2020開催までと4年を切りました。
現在では、競技が行われる会場の建設などにより多くの改善がみられているが、大成功を収める前の大きな評価だと思います!

ますます東京オリンピック2020開催、その後の東京都の行方に胸が躍りますね!!

弊社では、東京都の魅力を全面に伝えるセミナーも行っております!
東京オリンピック2020への期待値、東京23区での物件選びでは皆様に大好評いただいてます!
資産価値が高い東京の不動産投資セミナーに是非お越しください。
 
 

キーワードで絞り込む

一覧に戻る