マンション経営のアレコレ

「【スペシャル対談】漫画家三田紀房が語るマンション投資とは?(前編)」


2016年08月08日      

【スペシャル対談】「ドラゴン桜」「インベスターZ」の漫画家、三田紀房が語るマンション投資とは?(前編)

【スペシャル対談】「ドラゴン桜」「インベスターZ」の漫画家、三田紀房が語るマンション投資とは?(前編)

現在『週刊モーニング』で、〝投資〟がテーマの連載漫画「インベスターZ」を皆様はご存知だろうか?

主人公の中学1年生、財前孝史が100年以上の歴史を持つ道塾学園投資部に入部し学園の資産を運用する。
主人公の財前孝史の運用額は100億円。主将の高校3年生、神代圭介の運用費は1,500億円。
投資に無知だった財前孝史が様々な投資を学びながら、運用をしていくストーリー展開は、既に投資をしている層からも、これから投資を始める若年層からも支持を受けている。
現在連載中のモーニングでは財前孝史と、道塾学園創設者の玄孫(やしゃご)で投資部を廃部に追い込もうとしている藤田慎司と投資3本勝負を繰り広げ、現在は1本目のFX対決に続いて、2本目の『不動産投資』で対決を繰り広げ、現在は保険編で対決!!
単行本は12巻まで絶賛発売中!(モーニングKC)最新13巻は6月23日に発売!

investorz_logo

今回は不動産投資を中心に、作者の三田紀房先生グランシャス株式会社、取締役営業部部長 徳永浩の対談が実現!!
これから不動産投資を始める方も、既に始められている方も必読です!!
前編、後編と2回に分けて配信いたします。

 

徳永:
初めまして!!お会いできるのを楽しみにしていました!!
ドラゴン桜」も「インベスターZ」も大好きで単行本全巻購入して読んでいます。
特に「インベスターZ」は、どんなビジネス書より新入社員にとって投資の教材に最適で先日より営業部に全巻置く事にしました。
営業部でも、株式やお金にまつわる話が学べるという事で奪い合いが続いております。

三田先生:
ありがとうございます。若い世代の人に投資の関心を持ってもらえると嬉しいですね。

徳永:
実は先日の NHKクローズアップ現代【追跡!タワマン「空中族」~不動産“バブル”の実態に迫る~】(2016年5月19日放送分)を観まして、三田先生がコメンテーターとして不動産投資について最後に
投資の対象として不動産っていうのは、やはり王様なんですよ。チャンピオンなんですね。
と話されているのを見て、是非お会いしてお話をしたいと思い機会を頂きました!

不動産は主観的と客観的判断

三田先生:
ありがとうございます。単行本ではまだ出ていないのですが週刊モーニングで連載中の「インベスターZ」は、まさに今、不動産投資で主人公の財前が対決していました。
財前はマンションを買って賃貸に出し利回りを得れる物件を探していて、対決相手は買ってから考えるという対照的なスタンスでその2つの物件を、審判役の「会長」が判断するというストーリー展開になっています。
でも、不動産の判断って極めて主観的なんですよね。例えばお墓の近くは嫌だという人もいれば、日当たりが良くなるなら構わないとか、今問題になっている保育園問題も近くに保育園があるのが良い人と悪い人両方が存在します。
ストーリーの中でも、主観的な部分と客観的な部分の対決描いてあるので楽しみにしていて下さい。

20160613-01徳永:
確かに不動産は主観的な見方も客観的な見方も大事ですよね
この両方の判断というのは、購入するお客様からすると、とても難しいと思います。特に不動産業に携わっていなければ、自分の今までの経験や知識をもとに主観的に判断するしか無くなるので、私たちは客観的なデーターや情報をお客様に提案できる様に心がけています。

私は高校卒業後、有名イタリアンレストラン「サルヴァトーレ・クオモ」に料理人として勤めていたんですけど、怪我を機に11年前より不動産投資の営業職に従事しています。この10年間でも不動産投資業界は、色んな変化がありました。

 

三田先生:
へーそうなんですか、サルヴァトーレよく知っています。
どんな変化ですか?

ものによる

徳永:
私は11年間、都内23区の徒歩10圏のマンションを中心に販売してまいりましたが、数年前よりサラリーマンがアパート投資を取り組むという事も起きています。
某銀行のサラリーマンへのアパート融資を始めた事や、相続問題、空室問題によるアパート売却案件が増えた事が要因だと言われています。
確かにマンションに比べキャッシュフローは魅力的なのかもしれませんが、様々なリスクを考えると私は安易に手を出すものでは無いのではないのかなと考えます。
特に大半のアパート投資物件は地方で、所有して数年で様々なトラブルが発生しているケースで相談に来られるお客様もいらっしゃいます。

三田先生はアパート投資についてどう思われますか?

三田先生:
私も漫画を描く上で、いろんな不動産会社の方から話を伺いましたけど結局は『ものによる』という事です(笑)。

20160611-0

徳永:
おっしゃる通りですね!都内の一等地のアパートであれば私も賛成しますけど、数億するので普通のサラリーマンなどは手が出せませんね。

三田先生:
ものさえよければ、正直何でも良いわけです。
しかし、ものが良いものというのは多くはありません。もの=リスクという考え方もあります。
アパートにおいては、管理は非常に大変ですし、出て行くお金も大きいです。土地ごと持てるのは魅力的な一方、古いアパートにおいては土地の権利が複雑なケースも多いです。
建っている時は何も無くても、土地の所有者の相続などで第三者が登場すると、その第三者が売却をしたりなどとトラブルになるケースもよく聞きますね。
相続だと分けることもできないですし、満室稼働できていれば良いのですが、意外とアパートっていうのはそれなりのリスクがあると思いますね。
グランシャスさんのマンションは売主で販売しているのですか?

徳永:
私たちグランシャス株式会社は、親会社の株式会社ジェーガイアより2004年に営業部を分社化して設立しました!
現在も、同じビルでグループ会社としてジェーガイアが厳選して仕入れた23区の投資用マンションを売主という立場で、毎週開催しているセミナーに参加されたお客様や、紹介営業を中心にお客様のライフプランコンルティングをしながら販売をさせて頂いています。
もちろん、販売後の賃貸管理も行いますので、グループでお客様にワンストップという安心を提供しています!

三田先生:
投資をなさる方には、便利な会社ですね。
ワンストップは大事ですし、仲介と売主では違いますからね

バブルは過去のもの

徳永:
最近は金融機関も窓口を広げたこともあり、20代のお客様や女性のお客様が非常に増えてきました。

三田先生:
私はよく金融関係の公演などに招かれるのですが、客席を見ると30代の若い世代の方が目立つんですよ。グランシャスさんの若年層の顧客様も、そうだと思うのですが、今の20代30代はもうバブルはわからない世代です。親からなんか聞いたことあるけど、詳しくは解らない。
バブルが良いものなのか、怖いものなのか解らないので逆に関係ない
んですよね。
時代が変われば一昔前のことになるので、40代特に50代の人にとっては恐怖でしかないのですが、全体的に見るとバブルアレルギーは少なくなってきていると思います。

逆に若い世代の人の方が、リスクを取りながら積極的に投資をしている印象を受けます。

InvZComic_03_62

徳永:
確かに若い世代のお客様は決断が早いですね。余計なバブルになったら、どうするとか考えません。将来へのピントが、ずれていない気がします。逆に20代であれば、リーマンショック後に社会人になっているので、アベノミクスで日経平均も2万円を超えるんだと、日本にはまだまだポテンシャルがあるんだと、ポジティブに捉えるお客様が多いです。逆にバブルを経験した世代の方は、見えないリスクに怯え、リスクを出し切ろうとしている気がします(笑)そういう方は結局やらないんですけどね。

三田先生:
若い人はポジティブです。50代60代の人は本当に石橋を叩いて叩いて、叩き割ってしまうぐらい慎重ですね(笑)
「日経平均は2万を超えるなんて、ありえない」と答える団塊世代の人が多かったです。投資の世界では、意外と慎重で後ろ向きの人より前向きでポジティブな人が成績は良かったりします。

これからは若い人が株式のマーケットや、不動産のマーケットを引っ張っていく気がしますね。

プロフィール
三田紀房(みた・のりふさ)
1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。
代表作に『ドラゴン桜』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。
『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
現在、「モーニング」「Dモーニング」にて〝投資〟をテーマにした『インベスターZ』を、「ヤングマガジン」にて『アルキメデスの大戦』を連載中。

三田紀房先生公式サイト
http://mitanorifusa.com/

 

後編は、三田先生と不動産投資についての将来性などを中心に語り合います!
2016年6月20日(月)に更新予定です。お楽しみに!

 

 

今なら、「インベスターZ」が当たるチャンス!

最後まで、東京マンション投資の記事をお読みいただきありがとうございました!
最後にプレゼントのお知らせです。今回の特別な対談より、「インベスターZ」全13
巻を以下の条件を含む3名様にプレゼントします!

計3名
(1)セミナー参加後「個別相談」を希望された方、または、HPの問い合わせフォームより無料個別相談をご希望された方の中から1名
(2)メルマガ登録をされた方の中から1名
(3)弊社販売物件を購入された方の中から1名

 

dtl

 

詳しくは下記ご確認ください。
セミナー日程の詳細を見る
メルマガを登録する
お問い合わせ、資料請求、無料個別相談をする
お申込み期限:2016年7月24日まで

 

さらに、もう「インベスターZ」が気になって今すぐ購入したい、という方はこちらからお申込みいただけます!

■インベスターZ 1巻試し読み
インベスターZ 1巻 フルカラー版 

 

 

 

キーワードで絞り込む

一覧に戻る