新着情報

「マンション経営のアレコレを更新しました。」


2017年08月09日    アレコレ  

 

区分マンションへの不動産投資における留意点

「賢く融資活用」


2017年08月09日      
 
 
 
 
大規模金融緩和に伴う歴史的な低金利が継続しており、貸出額を増加させたい金融機関としても融資に対して積極的な姿勢が継続していることもあって不動産投資熱が高まっています。
 
なかでも都心を中心にワンルームマンションなどの区分マンションへの投資に注目が集まっています。
区分マンションを不動産投資の対象とする場合に何に留意すれば良いでしょうか
 
 
 
 アレコレ8.9①
 
 
 
 
 
■区分マンションへの注目の集まり
 
 
数年前から不動産投資熱が高まっていますが、最近は特に東京23区のワンルームマンションを始めとした区分マンションに注目が集まっています。
 
これには理由があるのです。
投資家が区分マンションに投資を行う場合には、通常、金融機関から不動産投資ローンなどを利用して融資を受けます。
 
不動産投資は一般的に多額の投資資金が必要であり、ローンを利用した場合には借入額も比較的高額になることから返済期間も長くなります。
 
また、区分マンションは耐用年数が長いために長期でローンの借入れが行いやすいということもあります。
そして区分マンションは、一棟マンションやアパートなどと比較して資金調達が少額で済むため投資のリスクが低減すると考えられています
 
更に東京都の一極化する都心では今後も人口の増加傾向が見込まれており、賃貸マンションへの賃貸需要も今後当分の間は旺盛であると見込まれているためです
 
 
 
 
 アレコレ8.9②
 
 
 
 
 
■区分マンションへの投資で留意する点
 
 
区分マンションへの投資では、まず何よりも物件選びに失敗しないことです。
不動産投資である以上は、所有者目線ではなく、賃借人目線で物件を選ぶ必要があることに留意しなければいけません。
 
どの物件であれば、マンションを借りたいと考えている人の興味を引くことが出来るのかという視点が大切です。
 
そして一番重要視すべき点は、やはり立地です。
ビックターミナルまでの利便性や物件の周辺住環境が整っているかをしっかり見ておく必要があるわけです。
 
どれだけ賃料が安くても駅から遠ければ入居したい人はなかなか現れませんし、勤務先や学校までのアクセスも悪ければ選ばれないということです。
 
 
 
 
 
アレコレ8.9③
 
 
 
 
■区分マンションは物件選びが重要
 
以上のように区分マンションの投資では、物件選びが重要であることを述べました。
不動産投資は、長期的な投資となります。
長期に渡って賃貸需要を見込める物件を選ぶことが大切であるとともに、需要と供給が優れている街を選ぶという視点が大切です。
 
そして、このような物件を探すには一人の力には難しく、信頼のできるパートナーとなる不動産会社を見つけることもまた大切です。
 
 
弊社では、毎週末選ぶべき立地をテーマにセミナーも行っており、選ばれる会社として皆様の投資の第一歩となるサポートをさせて頂いております。
まずは一度弊社セミナーへお越しください!
 
 
 
一覧に戻る
PAGETOP